勤怠管理とタイムカード

subpage01

勤怠管理をしていく上ではタイムカード(またはそれに準するもの)が非常に重要になってきます。
開始時刻と終了時刻の打刻を行うことによって、事業者が労働者の出社の状況などを把握することが出来ます。
または残業時間の管理や休日出勤の実態などの管理も把握することが出来るのです。

毎日新聞を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

タイムカードは実労働時間を必ずしも示しているというわけではありません。タイムカードを押してから制服に着替えたり、押す前におしゃべりしている場合などもあるかと思います。



またお昼休みなど休憩時間も含まれているため、出勤と退勤を押すタイムカードは実労働時間ではないということがわかると思います。
ではこれらの記録をすることによって一体何がわかるのかというと、従業員の拘束時間をとらえることが可能なのです。



これらの記録は厳密に言えば実労働時間ではないので、残業代の計算などに使うためにほかの記録媒体などで実労働時間をおさえておく方法をとるのも可能ですが、タイムカードは事業者であれば使用するのが望ましいといえるでしょう。使用しなくても罰則などはありませんが、なにかあったときのためにも従業員の出勤状況の記録をしておくのは重要といえます。
残業のしすぎや休日出勤のしすぎで身体を壊すような従業員はいないかどうかの確認をしたり、従業員の勤怠を正しく管理することも経営者の仕事のひとつであるといえます。そのためにも拘束時間の実態をとらえるのもひとつの重要なファクターです。