タイムレコーダーとタイムカードの歴史

subpage01

タイムレコーダーは19世紀にアメリカで、時間を記録するために発明されました。

タイムカードの発明はその少しあと。



利用開始直後はテープに記載していましたが、現在のようにシートに印字する形に変化していきます。
日本では1931年に電気式のタイムレコーダーが開発されました。

機械での字送りや時間の印字が電気でできる画期的なもので、給与の計算が複雑になるにつれ需要が増えていきます。

現在は給与の計算を自動で行ってくれる集計タイムレコーダーなどの出現により、ますます需要が高まっています。

あなたのご要望に応じた勤怠管理システムの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

また従来のタイムカードの形式も少しずつ変わってきています。


パソコンに記録するタイプのタイムレコーダーや、タイムカードの代わりにICカードを使ったもの、指紋による生体認証で記録するタイプのものまでさまざま。

タイムレコーダーの技術も日々進化しています。

しかし、コストのかかる最新式のタイムレコーダーより、従業員管理には紙媒体のタイムカードで記録するのが主流です。

goo ニュースについて考察してみましょう。

特に時給制で働く、パートやアルバイトなどの多い会社や店舗では、紙媒体のタイムレコーダーが人気。
誰にでも簡単に扱え、1台あれば事足りる点が魅力。


また打刻したその場で記入時間を確認でき、管理者も必要なときにタイムカードを取り出し確認できます。
今どき紙媒体は古いと思われがちですが、19世紀に開発されてから今でも使われているのには、使いやすいという理由があり需要があるという証拠です。