タイムカードと勤務時間管理

main-img

最近、テレビや新聞などで社員のサービス残業が話題となっています。

上司が、直接、残業するようを部下社員に指示することなく、仕事の出来高について責めるので、その部下社員はやむなく上司に黙って会社に居残って仕事をするというものです。

このような状況が続けば、当然、部下社員は体調を崩すことになりますし、会社を辞めなくてはならない状況になります。


こういった事例が起こった場合、会社は社員の勤務時間管理を怠っていたとして、罰則があるだけでなく社会的な信用も失ってしまいます。

ビジネスジャーナルについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

厚生労働省は、例え社員が勤務時間終了後、速やかに退社しなかったとしても、帰宅させる義務を有しており、責任は逃れることはできないとしています。


そこで、注目されているのがタイムカードです。

タイムカードは、社員の給与計算を目的として導入され、現在もその役割は担っていますが、最近では社員の勤務時間管理にも大きな役割を担っています。
最近のタイムカードでは、社員に対して、個々のデータを認識できるICカードを交付し、事務室に入るためには、ICカードで施錠を解除しなくてはなりませんから、いつ出社していつ帰宅したかが一目瞭然となるのです。こういったシステムを導入しておけば、会社にサービス残業していることが言いにくくても、データを見れば勤務実態が全て把握できるので、上司が部下社員に無理難題を吹っかけている実態も暴けるのです。



会社にとって、勤務時間を守らせることは、職場の秩序を保つことですから、タイムカードの需要はますます増えるでしょう。



知りたい情報

subpage01

タイムカードはどれだけ働いたのか記録するためのカードです。ただ記録をするだけならタイムカードだけでも十分機能しますが、求められているのはそれ以上のことになります。...

more

科学の秘密

subpage02

タイムカードは出勤の時間や退勤の時間を記録しておくカードのことで、出勤の記録になったり残業代の計算の際などに使用するのですが、タイムカードのない会社、またはタイムカードに準するものを導入していない会社というのも世の中には存在しています。しかし法律で絶対に使用しなければいけないとは記載されておらず、使用することが望ましい程度にとどめられているため、ないからといって法律的には違法な会社というわけではありません。...

more

科学関係の情報

subpage03

勤怠管理をしていく上ではタイムカード(またはそれに準するもの)が非常に重要になってきます。開始時刻と終了時刻の打刻を行うことによって、事業者が労働者の出社の状況などを把握することが出来ます。...

more

科学の特徴紹介

subpage04

タイムレコーダーは19世紀にアメリカで、時間を記録するために発明されました。タイムカードの発明はその少しあと。...

more