タイムカードで勤怠管理

subpage01

タイムカードはどれだけ働いたのか記録するためのカードです。
ただ記録をするだけならタイムカードだけでも十分機能しますが、求められているのはそれ以上のことになります。


どれだけ働いたのかというのは勤怠ということになります。勤怠ということになると、給与計算に必要な情報になりますし、勤怠管理にも必要な情報になるのです。

どこまで管理するかによってタイムカードに記録するために必要な機能が変わってくるのです。


給与計算には日数と時間数が必要になります。

話題の最新livedoorニュース情報は必ず役に立ちます。

日数は打刻のあった日の数を集計します。時間数は出社した時刻と退社した時刻から勤務した時間数を計算しなければなりません。
また給与計算には手当があり残業手当は時間数によって変わるために、出社した時刻と退社した時刻から所定の時間数を超えているのか判断をしなければなりません。残業時間には深夜早朝時間というものがあるので時間帯もその判断に入れなければならないのです。



タイムカードから給与計算を行うためには計算と判断が必要になるので、作業に時間がかかり間違いが発生しやすいことになります。

勤怠管理ということからは、常に勤務の状況を把握することが出来る必要があります。
一覧性はありますが、残業時間を確認しようとしても毎日計算をしておかなければ確認することができないのです。

勤怠システムを理解するには正しい知識が必要です。

このような理由から最近はタイムカードに記録をするだけではなく、計算までできる機能を持ったタイムレコーダーで管理をする方法が注目されています。